樹脂製ホース製造、横手市の工場が拡張 新たに10人採用へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八興秋田工場の拡張部分
八興秋田工場の拡張部分

 秋田県横手市増田町に秋田工場を置く樹脂製ホース製造の八興(東京、阿部忠弘社長)は、増産体制を整えるため同工場を拡張し、建物面積を3割近く広げた。2025年度までに高校の新卒者を中心に正社員を計10人採用する方針。増設部分は19日に完成。同工場は20日、県の誘致企業に認定された。

 八興は1960年設立。埼玉県にも工場を持ち、プリンターのインク供給用チューブや浄水器に使うホースなどを製造している。資本金は5千万円。2019年度の売上高は22億3500万円。従業員は96人。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 514 文字 / 残り 277 文字)

秋田の最新ニュース