竿燈まつり中止「全ての思いを来年に」 駅東竿燈会・鈴木太郎さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
はんてんを着て扇子を手にする太郎さん=19日、秋田市
はんてんを着て扇子を手にする太郎さん=19日、秋田市

 「太郎君」はこの春、秋田工業高校に入学していた。

 秋田市泉の鈴木太郎さん(15)。「ことしは大若の妙技会に出られるチャンスだったのに…」。秋田竿燈まつりの中止をそう悔しがる。

 大若、中若、小若、幼若と大きさ別に4種類ある竿燈のうち、技を競う妙技会で行われるのは大若と小若。太郎さんは小学6年のとき、小若団体規定で優勝した経歴を持つ。中学生になってからは大若に挑戦するようになり、妙技会に大若で出場する権利が得られることしのまつりを待ち望んでいた。

(全文 891 文字 / 残り 667 文字)

この連載企画の記事一覧