竿燈妙技会、昨年個人戦優勝の小番さんが残した悔い

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
昨年の個人戦優勝で授与されたブロンズ像を持つ小番さん=20日、秋田市大町のねぶり流し館
昨年の個人戦優勝で授与されたブロンズ像を持つ小番さん=20日、秋田市大町のねぶり流し館

 ノースアジア大学が17日から休校となり、2年生の小番海舟さん(20)は、ほとんどの時間を秋田市外旭川の自宅で過ごしている。

 昨年の竿燈まつり妙技会で小番さんは、大若個人戦に初めて出場し優勝を飾るという快挙を成し遂げた。所属する川口竿燈会は過去に個人・団体とも上位に何度も食い込んできたが優勝はなく、小番さんが念願の優勝をもたらした。

 しかし、小番さんは昨年の妙技会に満足していない。

(全文 726 文字 / 残り 534 文字)

この連載企画の記事一覧