続く面会制限、「心苦しい」 県内高齢者施設も試行錯誤

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 新型コロナウイルスの影響を受け、全国各地の高齢者施設で面会制限が続いている。終息が見通せない中、秋田県内では感染防止に気を配りながら家族が「最期の時」を一緒に過ごせるよう工夫している施設や、インターネットを使った「オンライン面会」を取り入れたところもある。現場の声を聞いた。


〈コロナにて面会阻まれ義姉は今いかにしをらむ初の施設に〉

 16日付の本紙文化欄に、こんな短歌が掲載された。作者は秋田市中通の佐々木鏡子さん(84)。千葉県の施設で暮らす義姉(96)を思いながら詠んだものだ。

秋田の最新ニュース