「生薬の里」目指しセンブリ栽培始動 美郷町、胃腸薬に使用

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
美郷町内で広がる薬用植物の栽培の様子=2018年10月
美郷町内で広がる薬用植物の栽培の様子=2018年10月

 美郷町内の農家が、医薬品メーカーへの出荷に向けた薬用植物・センブリの栽培を近くスタートさせる。町は「生薬の里構想」を掲げて薬用植物の生産拡大へ取り組んでおり、栽培される植物はセンブリを含め4品種に増える。来年秋までには全品種が出荷される予定。

 リンドウ科のセンブリは胃腸薬などに用いられている。収穫後に乾燥させ、花や根、茎、葉の全てを使う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 721 文字 / 残り 550 文字)

秋田の最新ニュース