ニュースの「つぼ」:県新品種米の名称公募

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
公募初日のイベントで、ポーズを取る佐竹知事(右から2人目)ら=7日、県庁
公募初日のイベントで、ポーズを取る佐竹知事(右から2人目)ら=7日、県庁

 2022年度に市場デビューする県オリジナル新品種米「秋系821」の名称を県が公募したところ、応募が殺到している。今月7日に受け付けを開始してから約9万件寄せられ、当初目標の5万件を大きく上回った。最優秀賞に賞金100万円を贈るというインパクトのある戦略が功を奏し、県内外から注目を集めている。

 公募は来月17日までの約40日間。年齢や国籍、居住地を問わず、1人で何点でも応募できる。名称は選考部会が絞り込んだ5案の中から、佐竹敬久知事が選ぶ。11月に都内で発表会を開く予定だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1063 文字 / 残り 824 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース