出前・持ち帰りの店、アプリとチラシでPR 横手のNPOなど

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
 テークアウトや出前を行う飲食店を紹介しているアプリ・MINEBA
テークアウトや出前を行う飲食店を紹介しているアプリ・MINEBA

 新型コロナウイルスの感染拡大で外出自粛が続く中、秋田県横手市内でテークアウトや出前に力を注ぐ飲食店を広く紹介する動きが広がっている。NPO法人や企業がスマートフォンのアプリやチラシを使い、各店を支えようと知恵を絞っている。

 町おこしに取り組むNPO法人・ヨコッターは、市内の情報を発信するアプリ・MINEBA(みねば)にテークアウトや出前の情報コーナーを設けた。市内を中心に約50店舗を紹介。横手やきそばやピザ、カレーなど料理の写真をはじめ、連絡先や受付時間なども記している。

 ウェブサイトの作成などを手掛けるアイ・クリエイト(安田)は、飲食店を紹介する折り込みチラシ「お弁当・仕出しテイクアウト特集」を2万4千部作製。17日に市内へ配った。

 弁当屋やすし屋など18店を掲載。電話番号や一部メニューの情報のほか、地図が表示されるQRコードも添えた。5月1日にも、この他の店を紹介するチラシを折り込む予定。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 760 文字 / 残り 357 文字)

秋田の最新ニュース