竿燈のはんてん舞う夜、心待ち 染め物店の渡辺さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
竿燈まつりのはんてんを広げる渡辺さん=21日、秋田市楢山
竿燈まつりのはんてんを広げる渡辺さん=21日、秋田市楢山

 クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で新型コロナウイルスの集団感染が起きていた2月、渡辺純三さん(73)は「竿燈まつりは大丈夫だろうか」と思うことがあった。

 全国一斉の臨時休校が実施された3月に入ると、周囲でお茶会などの集まりが次々と中止になった。着物の仕立て直しや洗いを行う渡辺さんの仕事も、目に見えて注文が減っていった。

(全文 702 文字 / 残り 538 文字)

この連載企画の記事一覧