疫病退散!アマビエのお札どうぞ 仲小路商店街、買い物客に

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
新型コロナウイルスの終息を願って作られたアマビエのお札
新型コロナウイルスの終息を願って作られたアマビエのお札

 新型コロナウイルス感染症の終息を願い、秋田市の仲小路商店街の約50店舗は、疫病から人を守る力を持つとされる妖怪「アマビエ」の絵を描いたお札を買い物客に配布している。仲小路振興会(藤井明会長)が企画した。5月末までの予定。

 アマビエは江戸時代の瓦版に掲載された半人半魚の妖怪。長い髪やくちばし、うろこに覆われた胴体が特徴で、「病がはやったら私の写し絵を人々に見せよ」と告げて海に消えたとの言い伝えがある。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 376 文字 / 残り 174 文字)

秋田の最新ニュース