実感、スポーツの力(2)バドミントン 練習できる喜び実感

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
チーム練習で打ち合う岡=今月14日
チーム練習で打ち合う岡=今月14日

 「バドミントンができるのは当たり前のことではない。新型コロナウイルスの影響が見通せない中、限られた時間でも練習できることに感謝したい」。今月14日、北都銀行女子バドミントン部の岡未涼(20)は、チーム練習でシャトルを打ち合える喜びをかみしめるようにラケットを振った。

 入行3年目のシングルス選手で、昨年は団体戦で争う全日本実業団選手権などの国内大会に出場したほか、秋田市で開かれた国際大会「ヨネックス秋田マスターズ」に挑戦。初の国際大会は予選で敗れて本戦には進めなかったが、各国の実力者が集まる舞台を経験したことで、より向上心がかき立てられた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 807 文字 / 残り 534 文字)

連載企画:実感、スポーツの力 選手やファンの思い

秋田の最新ニュース