県産シイタケ初の日本一 19年度出荷量、エダマメも

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 京浜地区の中央卸売市場への秋田県産シイタケとエダマメの2019年度出荷量が、都道府県別で初めて全国トップになった。シイタケは販売額、販売単価も前年度に続きトップで、全3部門で日本一を達成した。県が発表した。

 県は農家の所得向上のため、コメ依存の生産構造からの脱却を目指して園芸作物の生産を推進。一定の成果が表れた形だ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 883 文字 / 残り 723 文字)

秋田の最新ニュース