竿燈中止、いまだ実演機会なく 「ねぶり流し館」職員・堀井さん

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
4月からねぶり流し館で働く堀井さん=28日、秋田市大町
4月からねぶり流し館で働く堀井さん=28日、秋田市大町

 秋田市仁井田の堀井学さん(55)は、竿燈を始めて30年目を迎えたことし、市民俗芸能伝承館「ねぶり流し館」で働き始めた。

 秋田の民俗行事や芸能の保存伝承を担うねぶり流し館。4月から職員になった堀井さんの仕事は、備品の維持管理や来館者への説明など多岐にわたるが、中でも竿燈を実際に上げてみせる実演は腕の見せどころだ。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 717 文字 / 残り 560 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース