緊急事態条項の賛否二分 憲法改正「必要」は61%

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
憲法改正に反対し、首相官邸前で抗議する人たち=9日
憲法改正に反対し、首相官邸前で抗議する人たち=9日

 共同通信社は28日、憲法記念日の5月3日を前に郵送方式で実施した憲法に関する世論調査の結果をまとめた。大規模災害時に内閣の権限を強め、個人の権利を制限できる緊急事態条項を憲法改正し新設する案に賛成51%、反対47%だった。新型コロナウイルス感染拡大で自民党内に議論活性化を求める意見がある一方、国民の賛否は二分している現状が浮かんだ。

 改憲の必要性に関し「どちらかといえば」も含め61%が肯定。だが安倍政権下での改憲は、反対58%、賛成40%だった。

 調査は3~4月、全国の18歳以上の男女3千人を対象に実施した。有効回答は1899。