親子で自然楽しむポイント一冊に 森の案内人・酒井さん

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
自然や子どもをテーマにした本を出版した酒井さん
自然や子どもをテーマにした本を出版した酒井さん

 秋田県森の案内人協議会副会長の酒井浩さん(62)=横手市増田町=が自然と子どもをテーマにした「鳥の目・虫の目・子どもの目」(無明舎出版)を出版した。カラー写真をふんだんに使い、親子で自然を楽しむためのポイントなどを掲載。「自然には心を豊かにしてくれるものや、子どもの育ちに大切なことがたくさんある。そうしたことを伝えられたらうれしい」と話している。

 本は四つの柱で構成されている。「子育て原理をカンムリカイツブリから学ぶ」では横手市北部の沼で、抱卵から子どもの親離れまで半年に及ぶ観察記録を、日記スタイルで紹介。「モンゴルの村で出会った子どもたち」では、昨年9月に植林やワークショップのために訪れたモンゴルでの交流を描いた。

(全文 868 文字 / 残り 555 文字)