横手市が県の協力金に上乗せ 対象外の飲食店にも20万円

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県横手市は30日、新型コロナウイルス感染拡大で県の休業要請に応じた事業所に支給される協力金30万円に、市独自で20万円を上乗せする方針を明らかにした。休業要請の対象でなくても感染防止のために5月2~6日の間、自主的に休業した飲食店、居酒屋、料理店、喫茶店に20万円を支給する。市議会全員協議会で説明した。5月14日に予定している臨時議会に関連予算案を提出する。

 いずれも市内に2施設以上の事業者には40万円を支給。5月18日から7月15日まで申請を受け付ける。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 603 文字 / 残り 370 文字)

秋田の最新ニュース