本因坊戦第2局が中止 金勇で開催予定、新型コロナ感染拡大

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
井山本因坊(右)に山下敬吾九段が挑戦した第73期本因坊戦7番勝負第3局=2018年6月、能代市の旧料亭金勇
井山本因坊(右)に山下敬吾九段が挑戦した第73期本因坊戦7番勝負第3局=2018年6月、能代市の旧料亭金勇

 秋田県能代市は30日、5月25、26の両日に同市の旧料亭金勇を会場としていた囲碁の第75期本因坊戦7番勝負(日本棋院など主催)の第2局を中止すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大を受け、日本棋院が3月以降、全ての棋戦や大会を中止・延期していた。

 本因坊戦は、9連覇を目指す井山裕太本因坊(30)に、昨年最年少で七大タイトルを獲得した芝野虎丸名人(20)=王座と合わせ二冠=が挑む予定だった。本因坊戦の今後の対局日程は未定。

(全文 317 文字 / 残り 102 文字)