時代を語る・中村征夫(20)乱開発でサンゴ死滅

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
沖縄のテーブルサンゴとエダサンゴ(撮影・中村征夫)
沖縄のテーブルサンゴとエダサンゴ(撮影・中村征夫)

 長い間、沖縄の海に潜ってきました。沖縄には頻繁に台風が来ます。その際に高波から島民の生命・財産を守ってくれているのがサンゴです。防波堤の役割を果たしてくれるからね。沖縄には約400種類のサンゴが生息しています。

 テーブルサンゴやエダサンゴは見栄えが良くて美しい。成長も早くて、年に5~10センチほど伸びるんだ。だけどもろいから、ひとたびの台風で壊滅状態になることもある。一方、塊状に育つイシサンゴの仲間は年に数ミリしか大きくならない。でもすごく固いから、台風の時もしっかり波を受け止めてくれるんだ。

(全文 768 文字 / 残り 518 文字)

この連載企画の記事一覧