アマビエ&尼彦入道…妖怪コンビが「疫病退散!」 秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「アマビエ」と「尼彦入道」を描いた石
「アマビエ」と「尼彦入道」を描いた石

 秋田市河辺和田のあすなろ印刷の店先に、疫病退散に御利益があるとされる妖怪「アマビエ」と、厄よけとして県内で信仰された「尼彦入道(あまびこにゅうどう)」を描いた石が置かれている。新型コロナウイルスの流行終息を祈り、店主の大石清美さん(71)が制作した。

 それぞれ高さ約20センチ、幅約15センチ。近くの岩見川で拾った石に、大石さんがアクリル絵の具で描いた。

(全文 325 文字 / 残り 147 文字)