コロナ自粛でアルコール依存の懸念 「細くてもつながり保って」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
「不安が強い時、何かに依存したくなるのはとても自然なことです」とオンライン取材で話す米山教授
「不安が強い時、何かに依存したくなるのはとても自然なことです」とオンライン取材で話す米山教授

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため、自宅で過ごす時間が増える中、アルコール依存症の患者や家族が苦しい状況に置かれている。自粛生活の長期化によって生じる物理的、社会的な孤立は、依存を深めるきっかけになるからだ。依存症に詳しい米山奈奈子・秋田大大学院医学系研究科教授(精神保健看護学)は「信頼できる周りの人とのつながりを、細くてもいいから保って」とアドバイスする。

 ―外出の自粛は、依存症の人にどんな影響を与えますか。

 米山 一番心配なのは、支え合いの「場」が絶たれてしまうことです。依存症に苦しむ人たちの中には、普段から「アディクション問題を考える会」や「断酒会」など、地域で開かれるさまざまな自助グループの例会ミーティングに参加している方も多いと思います。例えばアルコール依存なら、酒を断つために日々頑張っていることや、うまくいかないこと、家族関係の悩み、社会復帰の不安などをみんなの前でぽつりぽつりと言葉にしていく中で、「苦しんでいるのは自分だけではない」と気付いたり、目標を見つけたりします。「次の会までは、しらふで頑張ろう」という動機付けにもなり、達成できたら他の参加者から「すごいよ」と認めてもらえる。自助グループの集いというのは、そうして支え合いながら回復していくとても大切な場なのです。

 ところが、新型コロナの影響でミーティングは開かれず、再開のめども立ちません。不安が膨らみ、「次の会まで我慢」という歯止めも利かなくなる。断酒に取り組んでいる途中で、再び酒に手を出してしまうことを「スリップ」と呼びますが、コロナで自宅から出られず、仲間との交流も奪われて酒に戻ってしまう「コロナスリップ」という言葉も聞かれるようになってきました。

 ―対策として、どんなことができるでしょうか。

 米山 以前から自助グループに参加していた人であれば、仲間と電話やメール、インターネットを介したミーティングなどで連絡を取り合い、細くてもいいのでつながりを途切れさせないようにしましょう。

 一方、今とても心配なのが依存症「傾向」の人たち。自宅にいる時間が増えた分、酒を飲む量が増えたと自覚していたり、周りに指摘されたりした人もいるのではないでしょうか。喉が渇いたからといって、すぐに冷蔵庫からビールを出して昼間から飲む、という習慣はこれまでなかったのでは? 生活が悪い方に変化して気持ちが落ち込んでいる人が、沈んだ気持ちを盛り上げるため、夜眠るためにお酒に頼る、というのも大変危険です。こうした状態になりつつある人は依存症予備軍の可能性が高いので、早めに保健所や精神保健福祉センターに相談してください。

 心の中が「我慢」でいっぱいになる前に、信頼している人に話を聞いてもらい、ねぎらってもらいましょう。相談された人は、批判しないで「聴く」こと。全てに共感できなくても、「あなたはそう感じたんだね」と、丸ごと受け止めてください。

(全文 1745 文字 / 残り 534 文字)