新型コロナ、識者に聞く(5)NPO法人蜘蛛の糸・佐藤久男理事長 「秋田モデル」の総力戦【動画】

会員向け記事
お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
NPO法人蜘蛛の糸・佐藤久男理事長
NPO法人蜘蛛の糸・佐藤久男理事長

 長期化する新型コロナウイルスの影響は、県民生活の隅々に及びつつある。先の見通せない現状を、経済の急激な悪化で国内の自殺者が3万人超に急増した1990年代後半と重ねてみる専門家もいる。本県の自殺予防活動をけん引してきたNPO法人「蜘蛛(くも)の糸」(秋田市)の佐藤久男理事長(76)は「民・学・官の連携による『秋田モデル』の総力戦で、新型コロナを迎え撃ちたい」と語る。

■県民挙げて3密回避

 ―現状をどうみるか。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 1288 文字 / 残り 1083 文字)

この連載企画の記事一覧

同じジャンルのニュース