地上イージスの新配備先、秋田県内軸 政府調整、新屋は断念

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
陸上自衛隊新屋演習場(資料写真)
陸上自衛隊新屋演習場(資料写真)

 政府は地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」について、現行案の陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)への配備を断念し、新たな候補地を秋田県内の国有地を軸に選定する調整に入った。複数の関係者が6日、明らかにした。現行案に対する地元の強い反対を踏まえた判断。

 新屋演習場配備を巡り、防衛省幹部は「地元の首長や議会、自民党県連も反対している状況ではもはや無理だ」と語った。秋田県の佐竹敬久知事らは、住宅地や学校が近いことを理由に配備を断念するよう防衛省側に強く申し入れていた。

(全文 520 文字 / 残り 285 文字)

秋田の最新ニュース