「県境越え移動、自粛続けて」 感染防止へ7知事呼び掛け

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 東北6県と新潟の7県知事、仙台、新潟両市長は8日、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐため「東北・新潟共同メッセージ」を発表した。県境をまたぐ移動の自粛に加え、手洗い、マスク着用などを徹底するよう求めた。

 メッセージは「施設の使用制限を解除した地域もあるが、再び感染が拡大すれば改めて徹底した対策が必要になる」とし、まん延や医療崩壊を防ぐために県民や市民の協力を要請。「医療関係者をはじめ生活に不可欠な業務に従事する人を応援し、東北、新潟が一丸となって感染症の終息に向けて取り組もう」と呼び掛けた。

(全文 458 文字 / 残り 208 文字)