仕事のゲンバ:green piece(花屋・秋田市) ロス減らし価値創出

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
色とりどりのカラードライフラワーが天井を覆う店内
色とりどりのカラードライフラワーが天井を覆う店内

 真っ赤なカスミソウに青いバラ、黄色のカーネーション…。店の天井を色とりどりのドライフラワーが覆う。その数約2万本。店に足を踏み入れた瞬間、森の中にいるような錯覚に陥る。ドライフラワーが醸し出す独特な雰囲気から、会員制交流サイト(SNS)などでは「(スタジオ)ジブリの世界のよう」とも称される。

 秋田市外旭川の「green piece(グリーンピース)」は、空き店舗をリノベーションして2014年にオープンした。代表を務めるのは、県内外でブライダルやイベント関連のフラワーデザインを数多く手掛けてきた金森弘至さん(44)。アンティーク風の商品棚や椅子も、金森さんがドライフラワーとの調和を意識して自ら収集したものだ。

(全文 2307 文字 / 残り 1999 文字)

この連載企画の記事一覧