「爛漫」消毒用アルコール、オンラインショップで販売へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
秋田銘醸が製造した「美酒爛漫 秋田アルコール71」
秋田銘醸が製造した「美酒爛漫 秋田アルコール71」

 秋田県湯沢市の「爛漫」醸造元の秋田銘醸(京野勉社長)は、新型コロナウイルスの感染拡大で消毒用アルコールの需要が高まっていることを受け、高濃度アルコールを11日から同社のオンラインショップで販売する。

 アルコール濃度が高い酒を消毒液の代わりとして使用することを認める厚生労働省の特例措置を受けた対応。商品名は「美酒爛漫 秋田アルコール71」で、県産米を原料に醸造した清酒のかすを蒸留して度数を71%まで上げた。薄めず消毒に使う。700ミリリットル入り1320円(税込み)。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 415 文字 / 残り 179 文字)

秋田の最新ニュース