時代を語る・中村征夫(27)写真撮るより油取る

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
漂着したタンカー船首部分(撮影・中村征夫)
漂着したタンカー船首部分(撮影・中村征夫)

 平成9(1997)年1月、大学で写真を専攻する長男とご飯を食べていたら、吹雪の中、海岸に流れ着いた重油を懸命に回収する人たちの姿がテレビに映し出されたんです。

 〈この年の1月2日、島根県沖の日本海でロシアのタンカー「ナホトカ」の船体が二つに折れる事故が発生。福井県三国町(現坂井市)には船首部分と大量の重油が漂着した〉

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 765 文字 / 残り 605 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース