ウオーキング歴20年、健康効果を実感 「喜び伝えたい」

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ウオーキングをする工藤さん
ウオーキングをする工藤さん

 秋田県由利本荘市の工藤次郎さんはウオーキング歴20年。歩くことで得られる健康効果を実感してもらおうと、大会に参加するだけでなく自ら運営。昨年9月にはNPO法人「秋田・由利本荘にかほウオーキング協会」を設立するなど多角的に活動している。

 工藤さんは、患っていた糖尿病の症状改善と肥満解消のためウオーキングを始めた。15年ほど前からは毎日、午前4時から2時間かけて7~8キロの道のりを歩いている。糖尿病の症状は影を潜め、80キロ以上あった体重は60キロ台を維持。「若い頃はひ弱だったが、今は同級生の中で一番元気」と笑う。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 695 文字 / 残り 436 文字)

秋田の最新ニュース