民家や学校近くにクマ 県内で目撃相次ぐ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ツキノワグマ(資料写真)
ツキノワグマ(資料写真)

 秋田県内で12日、民家や学校近くでのクマの目撃が相次いだ。

 午前7時45分ごろ、秋田市河辺北野田高屋の国道13号で、体長約1・7メートルのクマ1頭が道路を横切るのを、運転していた同市の70代男性が発見し、110番した。近くの民家まで約20メートル。秋田東署が近隣の小中学校にも注意を呼び掛けた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 408 文字 / 残り 260 文字)

秋田の最新ニュース