「猫店長」ごろり 秋田市のガソリンスタンドにすみ着く

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
作業ピットで休む野良猫と鎌田所長
作業ピットで休む野良猫と鎌田所長

 背中をごろりと返し、気持ちよさそうに寝そべっていた。秋田市上北手のガソリンスタンド「協和石油山手台サービスステーション」(鎌田誠一所長)にすみ着いた野良猫が、利用客に「猫店長」などと呼ばれ親しまれている。

 鎌田所長によると、この猫がガソリンスタンドに現れたのは約2年半前。店はセルフの24時間営業で、夜間スタッフが餌やりをしたところ、すみ着くようになった。

 猫は店内や作業ピットでくつろいだり、散歩へ出掛けて戻ってきたり。給油場所に近づくことはあまりないというが、常連客には知られた存在。雌だが「ニャンタ」「ニャンタロウ」の呼び名もあるという。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 387 文字 / 残り 114 文字)

秋田の最新ニュース