窓越しでも、面会に「ほっと」 秋田市の施設

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 秋田市太平の介護老人保健施設「山盛苑(さんせいえん)」で、PHSを使った「窓越し面会」が行われている。新型コロナウイルス感染対策の一環。

 施設は先月8日から面会を制限しているが、「家族と利用者がどうにか顔を合わせられる方法はないか」と宮下正弘施設長(78)が海外の事例を参考に発案。先月24日から始めた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 323 文字 / 残り 170 文字)

秋田の最新ニュース