秋田県、休業要請を全面解除へ 県外との往来自粛、どう判断

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 政府の緊急事態宣言の一部解除が14日に決まった場合、秋田県は同日中に対策本部会議を開き、県内の休業要請を全面解除する方針だ。一方で県境をまたいだ移動については、政府の方針や他県の動向を見ながら、自粛を求める範囲を判断する。

 県は先月16日の緊急事態宣言の対象地域拡大を受け、感染防止のための緊急事態措置を発表。約7千事業所を対象とした休業要請は今月7日に約9割を解除したが、接待を伴うスナックやキャバレー、カラオケ店などは県外でクラスターが発生した事例を踏まえ、14日まで延長した。

(全文 584 文字 / 残り 342 文字)