オンライン診療、県内でも導入の動き 「顔見えて安心感ある」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
パソコンのモニター越しに診察する谷合さん
パソコンのモニター越しに診察する谷合さん

 医師がパソコンやスマートフォンなどの情報通信機器を使って遠隔の患者を診察する「オンライン診療」を、県内でも取り入れる動きが出ている。新型コロナウイルス感染予防のため、厚生労働省が時限的に規制を緩和し、先月から初診でもオンライン診療が可能となった。早速取り入れた由利本荘市の医療機関を訪ねた。

 「こんばんは、聞こえますか」「血糖値はかなりいい数字。薬が効いていますね」

 8日午後6時すぎ、由利本荘市石脇のたにあい糖尿病・在宅クリニック。4月に開業したばかりの医師・谷合久憲さん(49)=糖尿病代謝内科=が、パソコンのモニター越しに患者の50代男性とやりとりした。男性はスマホを使った。

(全文 1700 文字 / 残り 1408 文字)