スナックなどの休業要請を解除、県外移動は自粛継続

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
休業要請の全面解除を決めた県の対策本部会議=県第2庁舎
休業要請の全面解除を決めた県の対策本部会議=県第2庁舎

 政府による緊急事態宣言の解除を受け、秋田県は14日、対策本部会議を開き、感染拡大防止を目的とした休業要請を、15日から全面解除することを決めた。一方、県境をまたぐ移動については、今月末まで引き続き自粛を求めることにした。

 会議終了後に会見した佐竹敬久知事は「全国的に警戒を緩める段階ではなく、クラスター(感染者集団)が発生すれば一気に感染が拡大する恐れがある」と強調。「県外への不要不急の移動、特に特定警戒の8都道府県との往来は厳に謹んでほしい」と県民へ呼び掛けた。

(全文 671 文字 / 残り 437 文字)