飛沫防止パネル、店に合わせて作ります 横手と湯沢の業者

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
飛沫飛散防止用のアクリルパネル
飛沫飛散防止用のアクリルパネル

 新型コロナウイルスの感染拡大を受け、秋田県横手市のリフォーム専門店「住まいるライフたけや」(竹谷伸人社長)と湯沢市の流木アート・木工品工房「我流慕(がるぼ)」(佐藤泰幸代表)は、店舗のレイアウトに合わせて飛沫(ひまつ)飛散防止パネルを製作、設置するサービスを始めた。

 施工対応は湯沢、横手、美郷の3市町。価格はパネルの大きさや材質によって異なるが、縦60センチ、横91センチのアクリルパネルの場合、製作と設置で1万円ほどとなる。

 問い合わせは住まいるライフたけやTEL0800・800・1362、または我流慕TEL0183・42・3995

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 669 文字 / 残り 399 文字)

秋田の最新ニュース