時代を語る・中村征夫(31)優れた危機管理能力

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
餌を探し泳ぎ回るベラの仲間(撮影・中村征夫)
餌を探し泳ぎ回るベラの仲間(撮影・中村征夫)

 10年ほど前、沖縄・慶良間(けらま)諸島の海でカニの思いがけない行動を目にした。深さ5~6メートルで海底は真っ白な砂地だった。足元にある頭大の石を何げなく持ち上げたら、小指の爪ぐらいの小さなカニが僕の手のひらにぽろっと落ちた。そして手から砂地へと落ちていった。

 次の瞬間、3匹のベラがばっと寄ってきたんだ。「あっ、食われた」と思った。でもカニはあおむけのままぴたっと動きを止めて、3匹のベラはぐるぐる回っているだけ。絶体絶命なのに食われまいとじっと動かないカニと、離れたり寄ったりして食い付けずにいるベラ。その根比べが何十分も続いていた。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 782 文字 / 残り 512 文字)

この連載企画の記事一覧

秋田の最新ニュース