大曲の花火「開催厳しい」 大仙市長、コロナ対策会議で見解

お気に入りに登録

 8月29日に秋田県大仙市で開催予定の「大曲の花火(第94回全国花火競技大会)」について、大会委員会長を務める老松博行市長は15日、新型コロナウイルスの感染が全国で収束していない現状を踏まえ「開催は大変厳しい状況にある」と述べた。同日開かれた市の新型コロナ対策本部会議で話した。

 大曲の花火は大曲商工会議所と市の主催。毎年全国から数十万人が訪れる。両者などでつくる大会委員会は4月7日の会合で、開催の可否を6月末に判断することを決めている。老松市長は大会委員会の会合後に「同じような状況が続けば開催は難しい」と述べており、改めて今回も開催は困難との認識を示した。

(全文 569 文字 / 残り 288 文字)