突然変異?黄金のナマズ捕獲 ヒラメに続きGAOで展示へ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
八郎湖近くの川で捕獲された黄金色のナマズ
八郎湖近くの川で捕獲された黄金色のナマズ

 八郎湖につながる秋田県男鹿市船越の川で黄金色のナマズが捕獲され、男鹿水族館GAO(同市戸賀)に引き取られた。GAOでは今後、状態を見ながら展示する予定。

 ナマズは全長約62センチ。14日夕方に杉渕一さん(63)=同市船越=がフナ釣りをしていたところ針に掛かった。先月11日には男鹿沖で黄金色のヒラメが水揚げされ、GAOで展示中。担当者は「立て続けに黄金色の魚が見つかるのは珍しい。新型コロナウイルスが早く収束し、GAOににぎわいが戻る前兆だとうれしい」と話した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 360 文字 / 残り 128 文字)

秋田の最新ニュース