時代を語る・中村征夫(33)汚染水、なぜ海へ流す

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
敷地内に巨大なタンクが並ぶ東京電力福島第1原発=2月21日(共同通信社ヘリから)
敷地内に巨大なタンクが並ぶ東京電力福島第1原発=2月21日(共同通信社ヘリから)

 東京電力福島第1原発事故で放射性物質を含んだ水が海に流れてしまった。「海で希釈されるから大丈夫」なんて言う人がいるようだけど、薄まりゃいいってもんじゃない。

 海の中の生態系には食物連鎖がある。その基礎になっているのが森から沿岸に供給される植物プランクトン。小魚がそれらを汚染物質とともに吸収し、大きな魚が小魚を食べ、その魚を人間が食べる。放射性物質はどんどん濃縮されて人間の体に取り込まれていく。

(全文 741 文字 / 残り 542 文字)

この連載企画の記事一覧