「アマビエ」ラベル発売 大仙市の酒蔵などコロナ収束願う

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ラベルに妖怪アマビエをあしらった純米吟醸酒
ラベルに妖怪アマビエをあしらった純米吟醸酒

 新型コロナウイルスの影響が続く中、秋田県大仙市のカネトク卸総合センター(小西亨一郎社長)と秋田清酒(伊藤洋平社長)は、疫病をはらうとの言い伝えがある妖怪「アマビエ」をラベルにあしらった純米吟醸酒を発売した。

 200本限定で、同市南外にある出羽鶴蔵で製造。南外産の酒米「美郷錦」、県産酵母「秋田流花酵母」(AK―1)を使用するなど地元産の原料にこだわり、フルーティーな香りと、爽やかな口当たりが特徴。ラベルには、ほうきを持ったアマビエのイラストが描かれている。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 487 文字 / 残り 257 文字)

秋田の最新ニュース