弾き込んで良質な音に 大館・ほくしか鹿鳴ホールにピアノ

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
ほくしか鹿鳴ホールに納入されたグランドピアノ
ほくしか鹿鳴ホールに納入されたグランドピアノ

 秋田県大館市のほくしか鹿鳴(ろくめい)ホール(市民文化会館)にこのほど、ヤマハ製最高級のグランドピアノ1台が納入された。ホールは「良質な響きの音に仕上げたい」とし、6、7月に行う弾き込みに協力するボランティアを募っている。

 市によると、ピアノは「フルコンサートグランドピアノCFX」。世界のトップピアニストがコンサートやレコーディングで使うことを目的に製作された。これまでのピアノは40年近く使用し経年劣化が進んだため更新した。購入費は約1862万円。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 528 文字 / 残り 301 文字)

秋田の最新ニュース