にかほ市で路線バス欠便ミス 運転士「運休と勘違い」

会員向け記事
お気に入りに登録

 秋田県横手市の羽後交通は20日、同県にかほ市で今月5日に運行予定だった路線バス・小砂川線の2便が運転士の勘違いで欠便するミスが生じたと発表した。

 午後3時35分発の象潟駅前―三崎公園前、同4時発の三崎公園前―象潟駅前の2便が運行されなかった。18日、同社に「小砂川線のバスを待っていたが来なかった。代わりにタクシーを使った」と記した投書が寄せられ発覚した。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 337 文字 / 残り 158 文字)

秋田の最新ニュース