ゲーム防止条例、策定作業一時凍結 大館市教委「訴訟注視」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
写真はイメージ
写真はイメージ

 児童生徒のゲーム依存防止条例の制定を目指す秋田県の大館市教育委員会が、条例化を一時凍結する方針を固めたことが20日分かった。今年4月に同様の条例が全国で初めて施行された香川県で、違憲訴訟の動きが明らかになったことを受けた。大館市教委の高橋善之教育長は「当面は訴訟の行方を見守る。条例化が必要との考えに変わりはない」と話した。


 香川県のインターネット・ゲーム依存症対策条例は、18歳未満の子どもについて、保護者と話し合ってスマートフォンなどを使用する際のルール作りをするよう求めている。ゲーム利用は1日60分(学校休業日は90分)まで、スマホの使用は中学生以下が午後9時、それ以外の18歳未満の子どもは同10時までにやめさせることを目安とし、保護者にルールを順守させる努力義務を課している。

(全文 720 文字 / 残り 374 文字)