「おいしく育ってね」 泥まみれで田植え、金足農生【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します
泥だらけになりながら田植えを行う金足農の生徒
泥だらけになりながら田植えを行う金足農の生徒

 秋田市の金足農業高校(渡辺勉校長、520人)で22日、恒例の田植えが行われた。1年生175人が泥まみれになりながら、あきたこまちの苗を手植えした。

 学校敷地内にある約25アールの実習田で、クラスごとに分かれて行った。生徒たちは「足が動かない」などと声を上げ、泥の中を素足で一歩一歩進んでは苗を植えていった。苗がなくなり上級生に投げてもらうと、うまくキャッチできたりできなかったりして歓声が沸き起こった。

(全文 390 文字 / 残り 188 文字)