「文化祭、中止すべきか」 角館高と鳳鳴高が英語ディベート

会員向け記事
お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
画面上の大館鳳鳴高チームとオンラインで議論する角館高チーム
画面上の大館鳳鳴高チームとオンラインで議論する角館高チーム

 角館高校(仙北市)と大館鳳鳴高校(大館市)の2年生が18日、英語で議論し表現力や論理的思考力を競う「即興型英語ディベート」をオンラインで行った。離れた地域の生徒同士が、新型コロナウイルスの感染拡大を受けた高校生活の在り方について主張を展開した。

 各校で3人のチームを組み、その場で示されたテーマに英語で賛否を述べて説得力を競う内容。「新型コロナウイルスの感染拡大を受けて校長は文化祭を中止すべきだ」という主張をテーマに、両校の授業の一環でディベートを行った。

※この記事は「会員向け記事」です。電子版への登録が必要です。
(全文 704 文字 / 残り 474 文字)

秋田の最新ニュース