伊勢堂岱遺跡が公開再開 北秋田市

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
縄文館内に展示された土偶を見る児童
縄文館内に展示された土偶を見る児童

 新型コロナウイルス感染対策で休止していた、秋田県北秋田市脇神の国指定史跡・伊勢堂岱遺跡と、隣接するガイダンス施設・伊勢堂岱縄文館が21日公開された。地元の鷹巣南小学校の6年生9人が授業の一環で訪れ、環状列石や土偶などを見て歴史を体感した。

 同遺跡では四つある環状列石のほか、土器などの捨て場を見て回った。縄文館では、同遺跡で見つかった土偶や土器などの展示品を見学した。

(全文 429 文字 / 残り 244 文字)