日本ハム秋吉、防御率1点台目標 「セーブ数も去年より上に」

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
投球練習する日本ハム・秋吉=千葉県鎌ケ谷市(球団提供)
投球練習する日本ハム・秋吉=千葉県鎌ケ谷市(球団提供)

 日本ハムの秋吉亮投手が24日、今季の目標に防御率1点台を掲げた。昨季は抑えとして25セーブを挙げ、防御率2・96をマーク。千葉県鎌ケ谷市の球団施設での練習後、オンライン取材で「防御率を下げて1点台を目指したい。セーブ数も去年より上にいければ」と語った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で開幕が延期となり、難しい調整を強いられている。「開幕で100パーセントではなく、徐々に合わせていければいい。急いでピークに持っていって、そこから調子を崩しても駄目なので」と冷静に話した。