NHそれぞれの思い:長谷川暢「大学生加入、発奮材料に」【動画】

お気に入りに登録

※写真クリックで拡大表示します

 伊藤駿や細谷将司らベテランが移籍してきて選手層が厚くなったガード陣。その中の一人で、昨季特別指定選手として加入した能代工高出の長谷川暢は、1試合平均の出場時間が7分44秒と3分近く減ったが、悲観はしていない。

 「特長を出す先輩たちを見て、もっと自分のカラーを出さなければいけないと思い試行錯誤した」と向上心は一層高まった。試合の流れを崩さないよう「つなぎ役」としてプレーできればいいと考えた時期もあったが、コートで自分を表現し活躍することにこだわった。ディフェンスが持ち味だが、点数を取りたいという思いも強まりミスを恐れずに攻め続けた。ノーマークになったら自信を持ってシュートを打った。

※文末にウェブ限定インタビュー

(全文 1311 文字 / 残り 1002 文字)

この連載企画の記事一覧