元JR東社長、松田昌士氏が死去 改革3人組、国鉄分割民営化主導

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
死去した松田昌士氏
死去した松田昌士氏

 JR東日本の社長、会長を歴任した松田昌士氏が19日午後1時58分、肝臓がんのため東京都内の病院で死去した。84歳。北海道出身。葬儀・告別式は近親者で行った。喪主は長女斉藤美詠子さん。後日、お別れの会を行う。国鉄の分割民営化を主導し、JR東海の葛西敬之名誉会長、JR西日本の井手正敬元会長とともに「改革3人組」といわれた。

 中曽根政権が注力した行政改革の流れに乗り、改革派の中心人物として87年の民営化を実現。新たに発足したJR東日本では93年から2000年まで社長、06年まで会長を務め、株式上場やサービスの向上を進め、経営改善に道筋を付けた。