冷たいアイス、お待たせ! 新型コロナで屋外販売1カ月遅れ

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します
子どもたちにアイスを渡す三浦さん(右)=24日午後、秋田市金足
子どもたちにアイスを渡す三浦さん(右)=24日午後、秋田市金足

 秋田県内各地で夏日を記録した24日、秋田市金足の県立小泉潟公園にはアイスの売り子が現れ、買い求める親子連れが列を作った。販売元の三浦冷菓(潟上市飯田川、三浦隆二代表)によると、今年の販売は新型コロナウイルスの感染拡大を受けて例年より1カ月遅い23日に始めた。

 24日は好天の下、午前10時から販売。三浦代表の妻である売り子の三浦静子さん(72)が、ピンクと黄色のアイスをコーンに盛り付けた。

(全文 648 文字 / 残り 451 文字)