総文祭の囲碁将棋かるた部門中止 「公正なネット対戦困難」

お気に入りに登録

 高知県で夏に予定されている全国高校総合文化祭(総文祭)に関し、総文祭実行委員会事務局は25日、対戦競技となる囲碁と将棋、小倉百人一首かるたの3部門については実施しない方針を明らかにした。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、各都道府県で代表選考が困難なためとしている。

 今年の総文祭は、インターネットを活用して参加者を集めずに、ウェブ上で作品を発表したり、交流したりすることが決まっている。対戦競技の実施も一時検討されたが、代表選考の基準となる各都道府県大会が開催されておらず、オンライン上での公正な対戦環境を整えるのは難しいとして断念した。

(全文 472 文字 / 残り 200 文字)