海から200メートルで被災も 日本海中部地震、津波犠牲者

お気に入りに登録
※写真クリックで拡大表示します

 日本海中部地震の秋田県内の犠牲者83人のうち、津波で亡くなった人は79人に上る。多くが海上や海岸近くにいた人たちだが、中には海から200メートルほどの場所で農作業中の人もいた。識者は、海岸から離れた場所にも津波の危険は及ぶと警鐘を鳴らす。 

 地震が起きたのは1983年5月26日午前11時59分。秋田・青森県境沖約100キロが震源。津波は推定秒速140メートルで海岸線に迫った。

(全文 889 文字 / 残り 699 文字)